現在、先日の大規模な荒らしに伴い、新規利用者およびIPユーザーによる標準記事への投稿を一時的に停止しております。

まことに恐れ入りますが、ご協力お願い申し上げます。

穴山信友

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

穴山 信友(あなやま のぶとも、永正3年(1506年) - 永禄3年12月16日1561年1月1日))は、戦国時代武将甲斐河内の領主・穴山家の一族で当主。甲斐武田家家臣正室武田信虎の次女・南松院殿。子に信君信邦。仮名は八郎[1]。法号は幡龍斎[1]。受領名は伊豆[1]。史料には「武田八郎」とあるため、武田姓を名乗る事を許されていた可能性がある。

生涯[編集]

父は穴山信綱[1]で次男[2]永正18年(1521年)2月に今川氏親による甲斐侵攻に呼応した信綱が8月に武田信虎の反攻を受けて降伏した際、駿河から帰国を命じられたとされる[3]。このため、今川家人質だった可能性がある[2]

享禄4年(1531年)に父が死去したため、家督を相続する[3]。正室に武田晴信の姉に当たる南松院殿を迎えた[3]。居館を南部から下山に移し、城下の整備を実施[3]。文人としては冷泉為和を招いて歌会を開いている[3]

信虎追放後は晴信に従って今川家との外交で重きを成し[3]信濃平定にも参加している。永禄3年(1560年)12月16日に死去。享年55。家督は南松院殿との間に生まれた嫡子の信君が継いだ。

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 柴辻俊六 編『武田信虎のすべて』新人物往来社、2007年、p.189
  2. 2.0 2.1 柴辻俊六 編『武田信虎のすべて』新人物往来社、2007年、p.44
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4 3.5 柴辻俊六 編『武田信虎のすべて』新人物往来社、2007年、p.190

参考文献[編集]